雑読書ページ

「多動力」堀江貴文 やる気スイッチが入ります

「多動力」とは

この「多動力」という本は2017年に出版されています。

古くなっている感じはしません

「多動力」とは

いくつもの異なることを同時にこなす力のこと

と述べられています

この同時にいくつものことが出来る人とまったく無理という人が

いると思うのですが

私はどちらかというと同時にいくつもやるタイプです

でも、これは欠点なのかと思っていました

なぜなら、飽きっぽい、落ち着かない、散らかりっぱなし

いいことには思えませんでした

本の中でもかつてはマイナスでしかなかったと。

今までは一つのことをコツコツとやるのがいいこととされていたが

これからはいくつもの肩書を持つことが価値を上げられる時代になります

「多動力」を身に着けるには

思い立ったらすぐ行動

自分の代わりに動く人を作る

やらないことを明確にする

この三番目のやらないことを本当にやらなくできるのなら

ストレスはなくなるし気分いいのだろうな、と思う

そこが難しいところ。

 

そしてすべての仕事はスマホでできる、と書かれている

そうかもしれないスマホを使いこなせればいろんな仕事がスムーズにいくと思う

が、スマホの機能を使いこなせていないのが実情です

もっと勉強しなければいけないことは山積みです

本に書かれているようにリズミカルに仕事ができるようになれば

どんどん仕事がこなせてどんどん新しいことが吸収されて

楽しいだろうと思う。

 

この本にはチェック項目がセンテンスごとにのっているので

自分を照らし合わせて日々の自分の行動を考えることが出来ます

堀江さんの本はこれが4冊目かと思います

どの本も読みやすいしすんなり受け入れられるものです。