パッチワークレッスン

糸・針なしで簡単「裁ほう上手」を使ってパッチワーク出来る?

ボンドでパッチワークができるか

針を上手く使えない人でもパッチワークできるのか

手芸用品として大ヒットしているこのボンドを

パッチワークに利用できるのかやってみることにしました

 

 

パッチワーク教室をやっている私のところへ

ある人が訪ねてきた

その人は自分には障害があるので細かい縫い目では縫えないので

ボンドを併用してパッチワークをすることはできないですか

パッチワークを教えてもらえないか

ということでした

縫物を仕事にしているとボンドを使うイコール邪道と思ってしまうので

使ったことがありませんでした

申し訳ないがボンドを使ってパッチワークをしてみたことがないので

教えられないですとお断りしてしまいましたが

気になったので試してみることにしました

今、この商品「裁ほう上手」はコンビニでも売っているもので

ズボンの裾上げなどに使えて水洗いもクリーニングも大丈夫というものです

コンビニで売っているということは非常時、洋服のすそが落ちてきたとか
どこか破けたとかに使うのでしょうか

布にボンドを塗って貼ってみる

「裁ほう上手」は透明で粘着力のあるボンドで

ヘラが付属でついてくるのでそれで伸ばして塗ります

ボンドに向かない物として薄い布と書かれていましたが

パッチワーク用の布(薄手のコットン)に塗ってみました

薄いので注意書きに書いてあるようにボンドがしみ込んで

表ににじんだようになりました。

ただ透明なのでそれほど目立つことはなかったです

粘着力を高める、すぐ乾かすためにアイロンをかけるとよい

となったいたのでアイロンをかけてみました

確かにすぐくっつきました。

アイロンにボンドがついてしまうとねばつくのと後でアイロンを使うときに

他のものにボンドもしくは焦げがついてしまうおそれがあります

 

仕上がりとしては

ぱりっと固い仕上がりになりました

パッチワークに使えるか 結論

布同士をくっつけるには縫い代が固くなる

ボンドをつかったぶぶんは針通りが悪くなるので

キルティングするのががむずかしい

キルトのふんわり感はなくなります

ということで使えないとう結論になりました

「裁ほう上手」は張りのある少し厚めの布に向いている

かっちりとした仕上げにしたいもの、バッグなどに向いている

コットンパンツ、ジーンズの裾上げに向いている

ふんわりさせたいスカートには使わない方がよい

 

誤って思ったところと違う場所につけてしまうと

とれなくなりますので要注意です