雑読書ページ

「ブログのネタ帳」瀬海歩 書くことが思いつかないときに

ブログのネタ

ブログのネタを100個書いてあります、が売りの本です

実際は180個くらい載っているようです

ブログの記事をたくさん書きたいと思うけれど

何を書いていいのか思いつかなくなることがあります

そんな時にはとても便利な本です

 

自分でこの本を使うのならば目次から

企画、雑学、サービスなど分かれているので

そこからヒントを得るのがいいのかと思います

ネットのアドレスが全部のっているので

すぐに自分で検索して調べることが出来ます

 

試してみた という項目は

いくらでも出てきそうですが

記事を書くまで時間がかかりそうなので並行してやった方が

よさそうです

 

伝説 という項目

自分で読んでいてもへえーと思わず思ってしまうような

 

珍しい という項目

もそんなもの本当にあるの?と思ってしまいました

 

~らしい という項目

もちょっと笑ってしまいそうなものもあります

 

読んでみるとこれくらいなら自分でも考えられると

思うところもあるけれど、でもできていないのだから

考えられなかったと同じ事です

読んいて思ったのですが

このネタ帳のように自分で書きだしていくということも

大切なんだと思いました。

 

この本は電子書籍なのでダウンロードできるようにしないと

手に入りません

ページ数が67ページ 1時間ほどで読めるものです