雑読書ページ

映画化「マスカレード・ホテル」東野圭吾 読みました

 

私にとって久しぶりの東野作品です。

立て続けに映画化されてます。

東野作品は只々楽しんで読めるので

好きです。

読み始めると止まらないので

時間がない時は本を買うのをためらいます。

この本は木村拓哉が主演で映画化、

1月に公開予定です。

マスカレードシリーズの第1弾、

都内で起きた連続殺人事件の次の現場がホテル

コルテシア東京 そこを舞台にいろいろなお客が

あらわれ事件がおきていくなか

新田という刑事が潜入し、真相にむかって

連続殺人の謎を解いていくのだが

なかなか犯人にたどり着けないのが

読むのを止められないになるわけです。

終盤には怒涛の展開、最後はすっきり解決。

やっぱり東野作品は面白い

1 2