習い事教室開業

自宅教室 最初の一歩

自宅に招いて体験教室

自宅教室を始めるにあたってどうやって始めたらいいでしょう。

自分にとっても教えるのが初めてという場合、すぐに先生という立場になれる方もいるかもしれませんが一般的になかなか慣れないものです。

もちろん自宅教室を開こうと思っているのですから覚悟はあるとこでしょう。

始めは自分にとっても試験期間ということで知り合いやお友達を家に呼んでお茶を飲みながら「教室を開きたいと思うんだけどどうかしら?」とか「クリスマス小物づくりをしてみませんか」(イベントは誘いやすいです)とさそって意見を聞いてみるととても勉強になると思います。

体験教室は材料費をいただいて講習は無料としたらよいのではないでしょうか。

こうやって周りの人に何ができる人なのかどんな教室を開こうとしているのか知らせることが出来ます。口コミによる宣伝も期待できます。

何事もスタートが、肝心、教室を開くのにとにかく知ってもらうことが大切です。

どんなに技術があっても人に知ってもらわなければ、いないもいっしょです。

生徒は来てくれません。

私の場合は自宅教室をするには家の条件が合わず部屋を借りてスタートすることにしました。

オープンまでに知り合いや友達に教室を始めることを伝えていました。

そうしたことである会社から会社のお得意様への企画としてクリスマスオーナメントの講習会を開いてほしいと話をいただきました。

もちろん参加していただいた方に教室の案内を渡し生徒さんとして教室に来ていただくことが出来ました。生徒募集のきっかけにもなりました。

自宅教室は宣伝営業もすべて自分です。

なかなか人に声を掛けるのが苦手な人は大変です。私もあまり得意ではありません。

なので身近な人に今度教室をやりますと事あるごとに話を していました。

知ってもらうことで向こうから話がやってきました。

とにかく、自分の存在を知ってもらうそれができなければ自宅教室のスタートもきることが出来ないのです。